PRP療法とは

 PRP療法は、血液中の血小板を集めた液体を使用する再生医療に分類される治療法で、今まではスポーツ整形外科での応用が多く、メジャーリーグのヤンキース田中将大投手やエンゼルス・大谷翔平選手も再生医療の一つ、PRP療法をおこなっていました。また、プロレスや、格闘技系の怪我をしやすい種目でも注目されています。

※再生医療は、2014年に施行された「再生医療等安全性確保法」により
専門委員会の審査を受け、厚生労働大臣の許可を得た病院のみ取り扱うことができる治療法です。
再生医療について|厚生労働省
再生医療等の安全性の確保等に関する法律案の概要
再生医療等安全確保法案について

血小板の仕事

 血小板の役目は

  • 止血
  • 組織修復をスタート
  • 幹細胞を作る

 を担っています。

PRP療法の特徴

  • 痛みが出る
  • 単発の治療

活性化作用は1~3ヶ月
☆この期間に専門の鍼灸治療とトレーニングをすることが重要!

PRP療法の適応

  • 肩関節 (五十肩、腱板部分断裂、石灰性腱炎、インピンジメント症候群)
  • 肘関節 (ゴルフ肘、テニス肘)
  • 膝関節 (膝関節炎、半月板破裂、靭帯損傷、軟骨軟化症)
  • 足関節 (足首関節炎、足底筋膜炎、靭帯損傷、アキレス腱炎)
  • 手関節(ヘバーデン結節・突き指・関節リウマチ・腱鞘炎・ばね指)

など・・・KL分類によって治療目標を判断します

PRP療法当日の流れ

PRP療法

*Labnet international

多血小板血漿

  • 採血(70ml低度)
  • 遠心分離機で濃縮
  • 注入部位によって第2種、第3種再生医療に相当

再生医療等技術のリスク分類ツリー図|厚労省

PRP療法全体の流れ

難聴の有無 難聴の種類
7日前~ 事前鍼灸治療 当院
当日 採血・注入 再生医療クリニック
翌日 鍼灸治療・トレーニング 当院
7日後 診察 再生医療クリニック

1ヶ月後

診察 再生医療クリニック
3ヶ月後 診察 再生医療クリニック

※症状の度合いによって異なりますが、鍼灸治療は週1回を目安におこない、その他の日は自宅で簡単なトレーニングをして機能再生を促進させてもらいます。

関節の再生医療

ページの先頭へ