難聴治療実績

 ステロイド点滴や鼓膜への注射、血流改善薬、利尿剤、高圧酸素療法...
病院でいろんな治療をしたけれど、一向に良くならない!そんな悩みをお持ちではありませんか?

近年、疲労の蓄積や精神的ストレスによる血行障害が突発性難聴の発症に大きく関わっているということが分かってきましたが、西洋医学の分野では有効な治療法が確立されておらず、病院では上記のような治療を試行錯誤しているのが現実です。

一方、東洋医学をベースとする鍼灸治療では主となる耳の症状だけに焦点を絞ってアプローチするのではなく、難聴が発症した原因が「身体のどこにあるのか」を追求します。
そして、その原因を踏まえたうえで(耳以外の部分も含めた)全身の関連器官の血流改善治療を行うため、病院で「治らない」とサジを投げられてしまった患者さんでも、鍼灸治療で聴力が回復することは決して珍しくないのです。

実際に当院で治療を受けた患者さんの経過をご紹介

患者Aさん 男性(50代)

突発性難聴の治療

 平成18年8月、右耳に突発性難聴を発症したケースです。

難聴発症後、平成18年8月に聴力検査を実施。その後、平成18年10月から当院での鍼灸治療を開始。

約3ヶ月の治療期間を経て、平成19年1月に再度聴力検査を実施しました。

*右のグラフは、数値(dB)が下がる(グラフが上がる)ほど小さい音でも聞きとることができ、聴力回復が顕著であることを示しています。

一般には、突発性難聴を発症して2〜3ヶ月を過ぎると聴力の機能回復がほとんどなくなり、4ヶ月で聴力が固定されると言われています。
症状の進行特性上、難聴発症後は治療を受けるのが早ければ早いほど回復の可能性がグンと高くなります。
もちろん、4ヶ月を超えてからでも回復の可能性はあります。4ヶ月を超えたときこそ鍼灸治療しか回復させる手段はありません。

実際の治療実績例

 2016年現在での、過去数年の治療実績をランダムに抽出してご紹介します。

■5歳未満女性

ムンプス難聴その後

発症:09年7月  初診:同年9月
治療前検査:09年8月
治療中検査:09年12月
治療中検査:10年4月
備考:ムンプス難聴

■9歳女性

9歳突発性難聴その後

発症:09年7月 初診:同年8月
治療前検査:09年8月
治療中検査:10年1月
治療中検査:10年4月
備考:突発性難聴

■10歳女性

9歳突発性難聴その後

発症:15年11月
初診:16年2月10日
治療前検査:16年1月
治療中検査:16年7月
備考:突発性難聴

■10代女性

中学生難聴

発症:09年5月
初診:09年7月
治療前検査:09年7月
治療中検査:09年8月
備考:突発性難聴

■20代女性  

20代難聴

発症:09年4月
初診:09年5月
治療前検査:09年4月
治療中検査:09年5月
備考:突発性難聴

■30代女性

ストレス難聴

発症:12年6月
初診:12年6月
治療前検査:12年6月
治療中検査:13年1月
備考:突発性難聴

■50代女性

50歳メニエール病

発症:09年11月
初診:09年11月
治療前検査:09年11月
治療中検査:10年1月
備考:メニエール病

突発性難聴病問い合わせ

ページの先頭へ