腰や足の症状はお気軽にご相談下さい

 なかなか治らない、つらい腰痛でお悩みですか?

病院でヘルニアと診断され、治療しているけどなかなか治らない。

レントゲンで骨には異常がないと言われ湿布を出されたが痛みがひかない。

接骨院に行っても腰に電気をあてるだけ。

腰が痛くなる原因は人それぞれ。腰痛持ちの方は全国に2800万人いるのに、そのうち15%は椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などですが 、85%は原因不明とされています。 腰痛の原因が不明でも、症状が出ているのは腰の軟部組織と呼ばれる筋肉、筋膜などです。
腰痛は、手術適応以外は鍼灸治療が最も改善されやすい治療法です。また、手術といわれた状態、手術後の後遺症でも、鍼灸治療で症状が改善されるケースが多々あります。

腰痛でお悩みの方、ご相談だけでも構いません。今の腰痛の状態を自分で把握し、これからどのように治療していけばいいのか整理しましょう。

腰痛治療のながれ

01 問診
腰痛の問診
当院では、まず患者さんから腰痛だけでなく体の気になる症状、どんな時に気になるのか、腰痛が悪化する状況などの内容をうかがって、症状の原因を突き止めます。
その後、現在の状況のご説明、治療内容と今後の方針を極力わかりやすく説明させていただき、患者さんにご納得いただいてから治療に入ります。
男性では、社会的立場、環境、生活習慣を考慮し、女性では、どの年代においても女性ホルモンの関係、女性ならではの症状としてあらわれます。そのため、どんな症状でも、女性ホルモンとの因果関係があるのか確認する「問診」をとても大切に考えています。
02 腰痛に関連する検査
腰痛に関する検査
問診後は、実際にどのような腰痛を感じるのか、腰痛の原因が何なのか確認するための検査をします。検査には、徒手検査と呼ばれている、神経障害などがないか調べるもの、骨折がないか調べるもの、 また、動脈瘤や尿路結石、便秘、盲腸や腸炎など要因があるのかも把握しなければなりません。
症状によっては、すぐ病院に行き処置をしなければならない病気が潜んでいることもありますので、治療前の大事な作業です。また、脈を診ることで、自律神経の変化や生理周期の変化も読み取ることができるため確認します。
検査項目は、西洋医学的な徒手検査に加え、東洋医学的な診断もおこないますので、脈をみたり、お腹の状態を確認したりすることもあります。単純に、デスクワークやスマホの使い過ぎによる頭痛、日本女性特有の「なで肩」「猫背」から重心がずれておこる腰痛なら、治療と同時にその他の原因症状、姿勢に対して処置する必要があります。
03 鍼治療
腰痛の鍼灸治療
問診と検査等の後は、ベッドに横になってリラックスしていただいた状態で腰痛の治療を開始します。
(上の写真は、腰に鍼をしている様子です)
体の状態が冷えているのか、硬く緊張しているのか、逆に軟弱になっているのか、一部の組織が炎症反応を起こしているのか、患者さんの主な訴えと関連する部分はあるのかなど把握したうえでその日の体の状態に合わせたツボに鍼灸治療をおこないます。
鍼は髪の毛と同じくらいの太さ0.1mmほどです。
04 灸治療
腰痛の鍼灸治療
お灸は、火が直接肌に触れないものを使用していますので、火傷やお灸の痕が残る心配を極力減らします。
お灸にはリラックス効果だけでなく、血行の促進や抵抗力を高めて体を強くしてくれるといった様々な作用があります。また、鍼治療の後にお灸をすることで、治療効果が持続する作用もあります。
05 電気光線療法
腰痛の電気療法
患者さんの症状によっては、鍼や灸に加えて、より血行を促すために電気治療を併用する場合があります。
電気治療というと「ビリビリ」という刺激のイメージが先行しがちですが、実際にはついつい眠ってしまうような心地の良いごく微弱な電流を流す程度です。
この治療は体の表面にある筋肉を刺激して血行を促すものですので、妊娠中の方などでも問題なく受けていただけます。
06 生活指導
腰痛のアフターケア
患者さん第一主義を掲げる剛鍼灸院グループは「治療後のアフターフォロー」にも注意を払っています。
症状の改善や再発の予防には生活習慣が大きく影響します。
鍼灸治療に加え、生活習慣を変えることでより早い症状の改善が期待できる場合は特にアフターフォローに力を入れており、症状の改善・予防に繋がるように様々なアドバイスをさせていただいています。

腰痛に悩んだら すぐ鍼灸院へ


突発性難聴問い合わせ

腰痛の種類

 腰痛の原因は多種多様。病院で診断された病名や、思い当る症状、病名をクリックしていただくと詳細ページが開きます。

ぎ っ く り 腰 筋・筋膜性腰痛 坐骨神経痛

ヘ ル ニ ア 脊柱菅狭窄症 分離・すべり症

腰痛Q&A

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は突然起こります

 ぎっくり腰は、ぎっくり腰を経験したことのない人でさえ、日常の何気ない動作で発症し、寝返りや立ち上がることができないくらい痛く生活に支障が出てしまいます。

 ぎっくり腰は、医学的には、急性腰椎や腰椎捻挫といわれていますが、重いものを一気に持ち上げようとしたとき、腰をひねったときに何の前触れもなく急に痛みがでてしまうだけでなく、ちょっと手を伸ばしただけでも発症し、一生のうちに何度も、人によっては1年に数回再発してしまうことがあります。

 また、ぎっくり腰の中には慢性的な腰痛やヘルニア、腰椎椎間関節症、腰部脊柱管狭窄症など他の疾患が起こっていることがもともとあり、その症状に上乗せしてぎっくり腰をおこし、回復するのに時間がかかってしまうこともあります。何度もこの痛みを経験されている方は、症状があらわれたときの治療だけでなく、普段から予防として治療や生活習慣の改善が必要です。

ギックリ腰で痛くなる場所

  1. 仙腸関節の損傷によるもの(捻挫)
    仙腸関節とは、骨盤にあります。腰というよりお尻の上あたり、尾てい骨の上の方で、お尻の内側の付け根、背骨の下といったほうがわかりやすいでしょうか。この部分をひねったために、痛みがでるといわれています。また、仙腸関節を損傷してしまうと、骨盤の上にある背筋まで緊張してしまい、痛みが出たり、太ももの後ろや、ふくらはぎにも連動して痛みやしびれが伴ってしまうこともあります。
  2. 腰椎の損傷
    腰椎の損傷の場合は、骨盤の上にある背骨の腰椎部分、つまり腰の中心部に痛みがでるといわれています。こちらの損傷だと、背骨沿いの脊柱起立筋だけでなく、インナーマッスルと呼ばれる深い部分にある回旋筋など背筋が緊張してしまい痛みが出現したり、下肢に、神経根が圧迫されて根性痛というものを起こす痛みと、上記で述べた関連痛を起こす痛みの二通りがあるといわれています。
  3. 背筋や筋膜(筋肉を包んでいる線維性の膜)の損傷
    背筋や筋膜は傷害された場合、その部分の痛みを感じることになりますが、腰椎や仙腸関節に問題がないと、筋肉や筋膜を損傷していることはあまりないといわれています。ただ、人間は教科書通りに病気が現れることはあまりないので、筋肉だけの痛みとしてあらわれることもあります。

ギックリ腰の治療

メニューへ戻る

筋・筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛

腰痛の85%がこの腰痛

 腰痛持ちの方は、全国に2800万人。そのうち、85%は原因不明の腰痛です。

 実は、原因不明というのは、レントゲンやMRIで診断できる病的な所見が認められないということ。ということもあり、原因不明の正体は、痛みを訴える局所的なことでいえば、原因が筋肉や、それをおおっている筋肉の膜、いわゆる「筋膜」です。筋膜は、ソーセージの皮のようなもので、疲労、冷え、ストレスなどの影響で硬く縮んでいると、その中にある筋肉が押さえつけられてしまいます。身動きが取れなくなったことにより、痛みを感じる神経などを刺激し、腰痛として症状があらわれます。

 最近では、「肩甲骨はがし」や「筋膜リリース」など筋肉、筋膜にアプローチする治療法がメディアでも取り上げられてきました。

 鍼灸治療では、筋肉、筋膜に対してはとても有効な治療で、自律神経にも作用することで効率的に治療することができます。


腰痛の治療

メニューへ戻る

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因には次のようなものがあります。

  1. 梨状筋症候群
  2. 中殿筋などの緊張
  3. 腰痛
  4. 腰椎椎間板ヘルニア
  5. 腰部脊柱管狭窄症
  6. 分離症・すべり症

また、上記の手術後の症状としてあらわれることも。

坐骨神経痛があらわれるきっかけになるのは、デスクワークや、草むしりなどの園芸作業、荷物運びなどで腰から足にかけての疲労です。筋肉が冷えて硬くなることで、その中を走行している坐骨神経が圧迫され坐骨神経痛としてあらわれます。

梨状筋症候群

梨状筋症候群

 梨状筋とは、お尻の奥にある筋肉で、ちょうど、坐骨神経が足に向かって走行しているところになります。そのため、梨状筋が何らかの原因で硬くなってくると、坐骨神経を圧迫してしまうため、坐骨神経痛という症状があらわれてしまいます。一般的に、梨状筋症候群といっても、この梨状筋単体で悪くなっているというよりは、他の臀部の筋肉まで影響されていることが多い傾向になります。

坐骨神経痛の症状

  • お尻が痛い
  • ももの外側が痛い、しびれる
  • ももの前側が痛い、しびれる
  • ももの後ろが痛い、しびれる
  • ふくらはぎが痛い、しびれる
  • 膝から下の前側が痛い、しびれる
  • 膝から下の外側で小指まで痛い、しびれる

 ※これら坐骨神経痛の症状に対し、薬の効果がなかった方は特に鍼灸治療をおすすめします。


腰痛メニューへ戻る

ヘルニア

ヘルニア

ヘルニアの原因

 ヘルニアの人口は約1%、好発年齢は20~40代で比較的若い人に多い病気です。また、ヘルニアはあるけど、実際に症状が出ていないヘルニアは3人に1人といわれています。

 腰や首に激痛が襲ってくるヘルニア。この病気は誰でも発症しうるもので、次のような人がヘルニアになりやすいといわれています。

  • デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い
  • 運動不足で肥満気味 、喫煙、睡眠不足
  • 普段から重い荷物を持ったり、運んでいる
  • 過去に首や腰まわりに大きな打撲をしている

 などがあります。

ヘルニアとは

 ヘルニアとは、正式には椎間板ヘルニアといい、腰や足にかけての症状がある場合、腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。ここでは、主に腰のヘルニアについてご紹介します。

 腰の部分には背骨(腰椎)が5つ積み木のように重なっていて、骨と骨の間には、クッションのような役割を果たしている椎間板といわれるものがあります。椎間板ヘルニアとは、本来あるべき位置から椎間板が飛び出して神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれを引き起こす症状のことです。腰痛の方のうち、2~3割程度の方が腰椎椎間板ヘルニアを発症しているといわれています。
特に腰の椎間板は頭・胸・腕などの重みや重力を背負っている状態のため、症状が出やすいと言われます。

 ヘルニアの発症には大きく2種類の原因があります。

ひとつは、激しいスポーツをしたり重い荷物を持ったことで、急激な痛みと共に発症する場合。年齢を重ねたことによって水分やハリが無くなり、そこに中腰体勢やデスクワークなどで圧力がかかることで壊れやすくなった椎間板が原因となり発症する場合です。

もうひとつの原因は、加齢とともに水分やハリが無くなり、そこに中腰体勢やデスクワークなどで圧力がかかることで壊れやすくなった椎間板が原因となり発症する場合です。一般的に、30歳を過ぎると筋肉などの組織が固くなり水分がなくなっていきます。

また、上記の手術後の症状としてあらわれることも。

坐骨神経痛があらわれるきっかけになるのは、デスクワークや、草むしりなどの園芸作業、荷物運びなどで腰から足にかけての疲労です。筋肉が冷えて硬くなることで、その中を走行している坐骨神経が圧迫され坐骨神経痛としてあらわれます。

ヘルニアの症状

 ヘルニアの症状は、多くの場合、腰痛があらわれ、その後片側の足の痛みやしびれが加わってきます。
また、重たいものを持ち、急に腰痛が出現する場合と、慢性的な疲れで徐々に起きる腰痛の場合があります。

 腰痛に続いて、片側のお尻や大腿から下腿や足部にかけて電気の走るような痛みやしびれが加わってくることが多く、筋力低下がゆっくり起きる場合は、腰や足の痛みが軽くなってから膝折れやスリッパが脱げるなどの症状、さらに排尿・排便の感覚がわからなくなったりする場合もあります。


腰痛メニューへ戻る

脊柱菅狭窄症

脊柱菅狭窄症

中高年に多い脊柱管狭窄症

 腰部脊柱管狭窄症とは、腰の部分にある背骨、腰椎の中に脊柱管と呼ばれる骨のトンネルが、主に年齢と共に変形してトンネルが狭くなることによって、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで腰や足の痛み、しびれがあらわれる病気です。一般的には中年以降におこりやすい病気ですが、交通事故や怪我、ぎっくり腰などで腰を痛めた経験がある方には比較的早い段階で発症します。

特徴的なのは間欠性跛行

 脊柱管狭窄症の症状は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)という特徴的な歩き方があらわれやすく、足の痛みやしびれがあらわれます。
間欠性跛行とは、歩いているうちにだんだん痛くなり、やがて歩けなくなります。しかし、休憩していると症状が楽になりまた歩けるようになることです。狭窄が進行すると、300m歩けたのがだんだん200m、100mと歩ける距離が短くなってきます。

治療法は手術しかない?

 脊柱管狭窄症の根本的な治療は、変形して尖った骨を削る手術になりますが、症状が強い場合、手術も大掛かりになるため、手術後に症状が残る、または違う症状があらわれる、手術部分が癒着してつらい症状があらわれるなど苦しめられます。持病をお持ちの方、高齢の方は注意が必要です。

 鍼灸治療の場合、変形した骨を治すことはできませんが、狭窄の影響であらわれた痛みやしびれの症状を改善することはできます。

 鍼灸治療は、低周波や干渉波、レーザー、遠赤外線などの電気光線療法と違い、確実に圧迫を受けて痛みやしびれの原因となっている部分に対してミリ単位のアプローチができるため、確実に症状を和らげていくことができます。

 「手術はしたくない」 「手術後に残っている強いしびれをなんとかしたい」とお悩みの方は、鍼灸治療で症状を和らげ、症状が悪化しないことを目的とした保存療法をしましょう。


腰痛メニューへ戻る

分離症・すべり症

腰椎分離症

腰椎分離症

腰椎分離症とは

 腰椎分離症とは、腰の位置にある背骨(腰椎)の椎弓とよばれる部分に亀裂が入り離れてしまう病気です。原因は、スポーツのやり過ぎで過度の負担が繰り返し腰椎にかかり発症したり、長時間の立ち仕事や無理な姿勢、重労働などによって発症したりします。

腰椎分離症の症状

 腰椎分離症は、10代の子供から高齢者まで幅広い年齢層で発症する病気です。症状としては、長時間座っていたり、立ち仕事をしたりすると鈍い腰痛だけでなく足のしびれや痛みまでもあらわれることがあります。また、腰をそらすと痛みが強くなります。

腰椎分離症の治療

 分離症は、基本的には骨折なので、動かさないこと、コルセットなどで固定し、腰椎に負担がかからないようにすることです。そして、鎮痛薬や、骨がくっついた後は運動療法で筋肉を強化したりします。
また、低周波や超音波、レーザー、温熱療法などの理学療法があります。鍼灸治療では、分離によって負担のかかっている筋肉などの軟部組織の緊張、痛みを軽減したり、お灸の効果としてあげられる白血球の増加によって骨折の回復をうながすことができます。本当にここが痛いという一部分に対しては、鍼灸治療が唯一効果的な治療法となります。

腰椎すべり症

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは

 腰椎すべり症とは、腰椎分離症のなかで、椎体が前方にずれてくるものを「分離すべり症」と呼びます。
また、高齢者にあらわれる加齢と共に椎間板の老化による不安定性が原因でずれたものを「変性すべり症」と呼びます。

腰椎すべり症の症状

 すべり症は、第5腰椎にみられますが、加齢による変性すべり症の場合は、椎弓や椎間関節の形態異常に椎間板の変性が加わって起き、大部分が第4腰椎、女性に多くみられます。

 すべり症の症状は、運動後、長時間の立ち仕事などによって腰痛の度合いが強くなり、腰、背中をそらすことで痛みが増します。また、神経根症状として、足の痛みやしびれが出ます。

腰椎すべり症の治療

 すべり症は分離症同様に、動かさないこと、コルセットなどで固定し、負担がかからないようにすることです。
また、低周波や超音波、レーザー、温熱療法などの理学療法があります。鍼灸治療では、分離によって負担のかかっている筋肉などの軟部組織の緊張、痛みを軽減したり、お灸の効果としてあげられる白血球の増加によって骨折の回復をうながすことができます。本当にここが痛いという一部分に対しては、鍼灸治療が唯一効果的な治療法となります。


坐骨神経痛の治療

メニューへ戻る

腰痛治療 Q&A

病院ではどんな治療をしますか
病院でおこなう腰痛の治療は、消炎鎮痛として、痛み止めの飲み薬、湿布、塗り薬、座薬、局所注射、神経ブロック注射、手術(ヘルニアや脊柱菅狭窄症)などがあります。
また、理学療法として、マイクロ波や遠赤外線、ホットパック、低周波、高周波治療、牽引、腰痛体操指導があります。
最近では、原因不明の腰痛が多いことがあり、また、うつ病、ストレス、自律神経の影響も考慮してデパスなどの安定剤が処方されることもあります。中には、リリカなどの強い痛みに対して使用される薬が処方されることもあります。
鍼灸院ではどんな治療をしますか
鍼灸院では、腰痛に対してさまざまな方向から原因を探り、患者さんが訴える腰の部分だけでなく、自律神経を整えるツボ、女性ホルモンのバランスを整えるツボ、重心バランスが偏ったところにアプローチするツボなど、腰以外の場所にあるツボを使用して、鍼やお灸を使った治療をその日の患者さんの状態にあわせておこないます。
腰痛がひどい時は寝ていたほうが良いですか
患者さんの症状によって異なります。
動かしたほうがいい腰痛もあれば、絶対安静の腰痛もあります。来院時に患者さんからお話を聞き、お体の状態から判断して適切にアドバイスさせていただきます。
手術はしたほうがいいですか
医師と相談して下さい。
手術によって神経をおさえている骨を削ることはできますが、殆どの場合、しびれ感が残ります。または、しびれ自体は強くなります。鍼灸治療では、手術の後のしびれ感を改善して、足の力が入りやすくすることを目的としておこないます。
1回の治療で良くなりますか
一般的な腰痛は、1回の治療でも変化はわかると思います。長年お持ちの腰痛ほど治療には時間がかかる場合もあります。また、脊柱菅狭窄症など、骨が変形して症状があらわれている場合、骨の県警は鍼灸治療ではどうすることもできませんが、お悩みの症状に対してのみ治療します(手術をしたくない場合の保存療法)
病院で治療しながら鍼治療してもいいですか
 腰痛は、病院での治療と平行して鍼治療をおこなっても問題ありません。
ただ、湿布や注射など痛み止めの薬は、鍼灸治療の作用機序と違うため、薬を使わないほうが鍼灸治療の効果は高まります。

腰痛メニューへ戻る

腰痛に悩んだらお早めにご連絡下さい


腰痛問い合わせ

ページの先頭へ